血友病について

 薬害エイズの事件で、「血友病」という病気が、世間にも知られるようになりましたが、
この疾患に対して未だ、理解していない人も多く、「血友病」イコール「エイズ」と
言ったような間違った解釈をしている者も少なくありません。
 この事件は、遺伝性の疾患「血友病」といった病気を抱えた患者が、身体からの出血を、血液製剤を使用し出血を止めなくてはならないのだが当時、製剤が非加熱製剤だったため
その中にエイズウィルスが混入していたものを血友病の患者が使用し、薬害エイズという悲惨な事件が発覚しました。
 そのため「エイズ」という言葉が大きく目立ち、「血友病」の患者は皆「エイズ」というような素人考えが、一人歩きしてしまいました。
 現在では医学の進歩も伴い、過熱製剤となり安全性も高まりました。
そもそも先ほども言いましたように「血友病」という病気は、遺伝性疾患です。

症状: 特徴的なものは関節出血です。
    また血液の凝固因子が欠乏している疾患なので、1度出血を起こすと、なかなか止血出来ず、大出血の場合は生命を脅かすことになりかねません。
    その為に製剤を使用し、止血を行うのです。
主に、母親がその遺伝子を持っており症状としては原則的に男性に現れます。日本の発生頻度としては、人口の10万人に対し、10人の割合と言われております。
eBayや旬の話題|エコや環境|おむつについて|カビ|クーポン券やギフト|グッチについて|クレジットカードのお得な情報|ダム|ブートキャンプ|ルイヴィトンについて|ロシア文学||書きまくってみる|物知りおじさん
posted by 健康マン at 07:27 | 背中の痛み
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。